風俗天国 AAA(トリプルエー)がお届けする風俗情報

デリヘルのオプションはどう使えばいいの?

オプション利用を告げるタイミング

風俗によく通う男性なら、おそらく利用したことがあるデリヘル。
しかし、デリヘルを利用したことがある男性でも
オプションをつけたことはないという方は多いかもしれません。
オプションには実に様々なものがあり、その値段もピンからキリまでです。
実はオプション使ってみたいんだよね…というあなたのために
デリヘルでの上手なオプションを使った遊び方について解説します。

デリヘルでオプションを使ったことのない男性の中には
どのタイミングでオプションを使いたいことをお店に伝えればいいのかわからない方もいるでしょう。
オプションの利用を伝えるのは
お店に電話して嬢を指名するときと同じタイミングになります。
その際に、どのオプションをつけるのかをボーイに伝えるわけです。
注意点として、自分でおもちゃを落ち込んだりはしないこと。
オプションではお金がかかるからと、自分で道具を持ち込んだりすると、お店とのトラブルになり
最悪出入り禁止になってしまう可能性もあります。
特殊なプレイがしたい場合は、必ずオプションをつけましょう。

基本的なオプション

デリヘルにある基本的なオプションは、電マ、ローター、バイブ、手枷、アイマスク、などです。
主に「ソフトSM」を楽しむための道具が多い傾向で
さらにSM色の強いお店だと、ムチや首輪なんかが使える場合もあります。
オプションの値段はプレイ内容が過激になるほど高くなり、ローターなどは平均千円~2千円ですが
ムチなどのオプションだと5千円~8千円ほどする場合もあります。
自分がどんなプレイがしたいのか、そして予算に合わせてオプションをつけるのがいいでしょう。

ビデオ撮影オプションのあるお店も

中には、撮影オプションがあるお店もあります。
自分のスマホやビデオカメラなどを持ち込んで、嬢とのプレイを撮影できるわけです。
「今日だけではなく、家に帰ってもプレイを思い出してオナニーしたい…」という男性には、もってこいのオプションですね。
しかし、価格はほかのオプションよりも格段に高くなります。
その値段はおおよそ1万円~3万円ほど。
それでも、自分専用のAVが作りたいという男性は、一度試してみてもいいでしょう。
中には、顔の撮影はNGというお店もあるので
利用する前にホームページなどでよく調べることをおすすめします。
もちろん、このオプションはあまり得意じゃない、という嬢の意向もあるので
そこにも気を配るのがスマートな遊び方です。