風俗天国 AAA(トリプルエー)がお届けする風俗情報

ドイツの高級ソープランド

ドイツの高級風俗の雑学

ドイツにも日本と同じように風俗業界があります。
そこで一番有名なのがFKK(エフ・カー・カー)と呼ばれるもの。
日本で言うソープランドのような場所です。
しかし、同じだと思ってはいけません。
ドイツのFKKはとにかく豪華。施設も風俗嬢も最高級である高級ソープランドなのです。
死ぬまでに行ってみたい風俗と呼ばれるほど夢のような場所で、世界中からFKKを求めて観光客がドイツに集まってくるのだそうです。

入場料さえ払ってしまえば中でくつろぐことができ
必ず女の子と遊ばなくてはいけないルールはないのでバーや軽食を楽しんだり、サウナでリラックス、プールで遊ぶなども出来ます。
中に入ってしまえば裸の風俗嬢たちがウロウロしているので、見ているだけでも満足と言う方もいるかもしれません。
しかしその刺激に耐えられるかどうかは別の話。
ここまできたならたっぷり楽しみたいですよね。

高級風俗FKKの雑学

日本のソープランドとの違いは、まず施設の豊富さでしょう。
日本のソープランドでは受付と待合室、そして風呂付のプレイルームがあるだけですが
FKKの場合は沢山の施設が用意されています。
まず受付を済ませると、男性はロッカールームで服を脱ぎ、店で用意されたガウンを着て過ごします。
施設内では風俗嬢たちが全裸でうろついているので、恥ずかしがる必要はありません。
そしてシャワールームで身を清めると、いよいよ施設内を自由に歩き回ることが出来ます。
ここから先は全裸の外人女性がいたるところでウロウロしたりくつろいでいるのが見れるのが一番の人気ではないでしょうか。

プレイルームはもちろん、サウナやスパ、マッサージコーナーなどが設置されてあったり
軽食コーナーやバー、プールなども用意されているFKKがあり、それだけでも充分に豪華ですよね。
このような施設を設置できる理由として
もともとお城だったり別荘だったりする物件を改良してFKKにしているケースが多いためこのように豪華な施設が沢山あるのです。

ドイツの風俗事情についての雑学

ヨーロッパでは売春が合法化されている国が多くあります。
ドイツもそのうちのひとつで、2002年に売春法が施行され、今まで黙認されてきた売春も合法と化したのです。
合法化されたことにより売春は他の職業と変わらぬ立派なビジネスと認められ、失業手当なども支給されるようになりました。
売春を合法化することにより、逆に性病や性犯罪を抑制すると考えられ、また税金も回収できるようになるため
政府の管理下の元認められるようになったのです。